通常の創業融資成功率が20%以下の理由 ベスト5

第1位 事業計画が現実的ではない   
日本政策金融公庫(こっきん)事業計画書ミス 「事業計画書」は通常の融資を受ける際に

金融機関に求められる収支表に相当します。

当然ながらこの収支表の財務内容で

通常融資はを行うかどうか金融機関は判断しますが、

収支表に相当する「事業計画書」は

それ自体が黒字であろうとも

現実味がなければ何も意味がありません。

いわゆる絵に書いた餅の「事業計画書」では融資は実行されないのです。

「事業計画書作成代行のフルサポ」の事業計画書は

中小企業診断士が作成するため、まずこのようなミスは起こしません。


第2位 事業計画書から本気度が伝わってこない
日本政策金融公庫(こっきん)事業計画書別紙作成 事業計画書には「創業の動機」や

「事業の経験・経歴」など皆様自身の事を記入する欄がございます。

最低、どちらもA4用紙にスッキリと1枚にまとめて書くのが通常なのですが

日本政策政策金融公庫に「事業計画書」のテンプレートと見本が

あまりにも簡単な書き方のためその見本の書き方どうりに

2~3行で終わらせる方が非常に多いです。

「創業の動機」「事業の経験・経歴」「セールスポイントの書き方

テンプレートに記入するのではなく

熱意が面接の時に伝えられるように別紙を作成して提出するべきです。


「事業計画書作成代行のフルサポ」では

「創業の動機」「事業の経験・経歴」「セールスポイント」は

それぞれA4用紙で1枚ずつ作成しております。

第3位 事業計画書の数字を裏付ける客観的資料がない
日本政策金融公庫(こっきん)事業計画書書き方 「事業計画書」の売り上げは現実的ではあるが

その売り上げが確実に計上できるだけの裏付ける客観的資料が添付されていない。

「取扱商品・サービス」の書き方はテンプレの書き方で良いのですが

客観的資料が無いと融資担当者はそれが優れているのか判断できません。

「取引先・取引条件等」の書き方もテンプレの書き方で

良いのですが仕入れ先・外注先の客観的資料が無いと

融資担当者もその価格で仕入れができるのか判断がつきません。

もし万が一、客観的資料が提出できなければ

「あなたのサービスの優位性を信じる根拠が見当たらない。」

と融資担当者は不安に思ってしまいます。


「事業計画書作成代行のフルサポ」では業種に応じた客観的資料を必ず添付して提出します。


第4位 テンプレートや見本をそのまま使ってしまう
ネットでダウンロードした事業計画書のフォーマットや雛形・事業計画書例

サンプルや書式などを使用して「事業計画書」を作成してしまうパターンです。

「事業計画書」の書き方や上手な作り方などは存在しません。

市場の環境や国の政策・法令など様々なものを加味して作成するものですので

絶対に避けて頂きたい事でございます。

そもそも「必要な資金と調達方法の書き方」

融資を申し込まれる方により十人十色です。

「設備資金」の必要な金額の書き方「運転資金」の内訳の書き方

テンプレートやサンプルで書けるものではありません。

「事業の見通しの書き方」も全く同様です。

「事業計画書作成代行のフルサポ」では

皆さんのご要望と現実を擦り合わせながら作成していきますのでご安心下さいませ。



第5位 面接で印象を悪くしてしまう
日本政策金融公庫(こっきん)面接 格安で事業計画書を購入された方に多いのですが

「面接」の事を完全に無視してしまっています。

「事業計画書」自体が完璧であろうとも、融資担当者は「面接」で

細かな数字の根拠や「事業計画書」には

記入されていない事も当然質問してきます。

ここで「2万~3万円ぐらい」「多分・・・」等

曖昧な返事をしてしまったら融資担当者はどう考えるでしょうか?

「この人は大事な事業計画を人任せにする人なのか・・・」

と印象は非常に悪くなります。

そこから好印象を取り戻すのは厳しいと言えます。

面接が上手くいっても、面接終了後、金融機関から

追加書類の提出を求められる事がございます。

ここで今までの裏付け資料や「事業計画書」に矛盾が出てしまうと非常に

融資担当者の印象は悪くなってしまいますのでお気をつけくださいませ。

「事業計画書作成代行のフルサポ」では

作成した事業計画書を基に徹底した面接練習を行います。


事業計画書の書き方7つのポイント
創業の動機の書き方
事業の経験等の書き方
セールスポイントの書き方
取扱商品・サービスの書き方
取引先・取引条件等の書き方
必要な資金と調達方法の書き方4
事業の見通しの書き方
創業計画書を自分で作成した場合の融資獲得率は20%以下
事業計画書って何